本文へ移動
有限会社 佐伯組
〒876-0835
大分県佐伯市鶴岡町3-11-21
TEL.0972-23-2673
FAX.0972-23-2647
 
大分営業所
〒870-0321
大分県大分市王ノ瀬2丁目
TEL.097-593-0257
FAX.097-593-0257

曳家、古民家再生専門の建築業

大分県知事 許可(般-29)第11948号
0
0
6
5
8
7

古民家再生工事とは?

古民家とは

古民家とは?

世界中にはそれぞれの国の気候や風土にあった伝統的な建物や建築文化があります。
それは長い年月と先人達の知恵と経験によって洗練されてきたものです。
我が国には世界遺産にも登録さらた法隆寺に代表されるように世界に誇る”木の文化”があります。
簡単に言いますと日本の先人達によって受け継がれてきた伝統的な木造住宅
それが古民家と呼ばれるものではないでしょうか?
その地域で手に入る材料を使って、その地域の職人達によって建てられていました。
その材料は木であり、土や竹やワラ等の自然素材でありました。
今でいう地産地消であり、究極の環境にやさしいエコ住宅です。
我が国の先人達はすでにこういった卓越した技術を持っていました。
現代の我々にとってこの古民家から学ぶべきものは多いと思います。
 
 
 

古民家再生の第一歩 それは調査であり、建物の現状を知ることから

古民家再生の第一歩

 
古民家のご相談で多いのは
親や先祖から受け継いだ建物があるのだが再生可能か見てほしい
というものです
 
古民家や築年数の古い建物は必ず現地調査・建物調査が必要です
ですから弊社は必ず現地に赴き、調査をさせていただいております。
この調査なくして詳細な見積もりはできません。
新築のように坪単価で見積もることはできません。
弊社では建物が本当に再生可能かといった視点からまず調査をしていきます。
また、この調査結果からどういった工事が必要であるかを判断していきます。
物件によって全く状態が違うため、必ず行う必要があります。
ですから、調査をする前に概算どのくらいかかりますか?
といった質問にはなかなかお答えするのが難しいのです。
ご了承ください。
 
技術的には再生出来ないものは少ないのですが、
建物の傷み具合や程度によっては経済性や耐用年数等の観点から
再生にはむかないとして再生を断念するケースがあります。
 
例えば、シロアリ(特にイエシロ)の被害がみられ、
調査してみると屋根裏まで上り、広範囲にわたって構造材(柱・梁・桁等)の取替えが予想されるケース等
 
 
 
TOPへ戻る